HOME > 教育案内 > 中学部(1、2、3年)

中学部(1、2、3年)

コースの特長

中高一貫教育にあたり

心身ともに大きく成長する多感な時期だからこそ、充実した教育環境のもと、学習面・生活面においてきめ細やかな指導に取り組んでいます。
中高一貫教育の利点を生かし、中学1年より高校の授業を見据えた特別カリキュラムによる教科指導が実施されます。

先輩からのメッセージ

照曜館の最も良い点は、「中高一貫教育」ということです。
心強い先輩方と協力して、文化祭など大きな行事を成功させたときの喜びはひとしおです。
 学習面でも、中学と高校は互いに磨き合いながら成長しています。6階ホールには大学合格発表の掲示板があり、それを見ていると、頑張っている先輩方の姿に勇気が湧いてきます。
 また、部活動では共に汗を流し、その関係を一層深めることができます。
 整った環境の中で、多くのすばらしい友達、先輩、後輩、そして良い先生に囲まれて、楽しく、しっかり学べる学園です。

中学から始める英語力強化

 授業の時間だけではなく、英文を多読する機会をできるだけ作っている照曜館中学の英語力の集大成は、何と言ってもオーストラリア修学旅行でしょう。
姉妹校のアイバンホーグラマースクールにも訪れ、生きた英語を体験します。英語の四技能(読む・書く・聞く・話す)が重要視されるなか、語学研修を兼ねて英語圏への修学旅行を高校2年次にも実施する照曜館では、さらに多数の外国人留学生と触れ合える立命館APUの英語コミュニケーション研修を高校1年次に実施することで、実践的な英語コミュニケーション能力を培っていく機会を切れ間なく与えたいと考えています。
これらの活動は必ずや今後の大学入試の即戦力になるはずです。

プレミアクラス(特待生クラス)

生徒自身の夢の実現に向け、高い能力を持った少数精鋭の生徒たちによる「中高一貫6ヶ年英才教育」を強力に実践すべく、平成25年度入学者より卒業までの6ヶ年を特待生として過ごすプレミアクラスの設置に踏み切りました。
照曜館が培ってきた中高一貫の教育力を活かし、九州大学以上の全国難関国立大学の現役合格を目指して切磋琢磨させます。
そのために全国模試を駆使して学習到達度を確認すると共に、毎年資格審査を実施してプレミアクラス生としての誇りと自覚を芽生えさせるような適度な緊張感を与えつつ、勉学のための環境を整えていきます。

カリキュラム

五教科進度一覧