お知らせ

前回に引き続き、体育祭の様子をアップします!

 

『旋風リレー』

一年生を中心とした種目です。長い棒を持って、グラウンドを駆け巡ります。

足の下をくぐらせるところでチームワークが必要になります。練習の成果を存分に出しました!

『ブロック対抗男子リレー』

 

女子リレーと同じく、白熱した勝負が繰り広げられました!

『応援合戦』

3年生による演舞です。体育祭一の見せ場。各団の団長を中心とした連なりが、一つになります。

 

最初に赤組の演舞。

りりしい表情が演舞を演出。

この日までに何十時間も練習してきた成果を存分に披露します。

太鼓担当にも熱が入ります。

見事に、最後までやりきることが出来ました!

続いて黄組の演舞です。

扇子を用い、自分たちの表現したいものを描いていきます。

時には団員同士での衝突もあったようです。しかし、今日という日を最高の形で迎えることが出来ました!

最後に青組の演舞です。

グラウンドを広く使う構成。青きうねりを生み出します。

みなぎる姿勢。たぎる表情。参加者全体を鼓舞する、素晴らしい演舞構成でした!

 

昼食を挟んで、午後の部が始まります。

『クラブ紹介、クラブ対抗リレー』

各部活動の生徒たちが、日頃の活動をアピールしながら行進します。

バスケットボール部の福谷君による宣誓です。

続いて,クラブ対抗リレーが行われました。

『棒引き』

グラウンドに設置された15本の棒を自陣に引き込む競技です。

一本でも多くの棒を引こうと必死の形相です!

点差をつける絶好の種目となっています。

『フォークダンス』

全員参加のフォークダンスです。「オクラホマミキサー」、

「マイムマイム」と、

組の団結力が高まる時間でした!

 

続いて『借り物競走』。

「校長先生」と書かれた札を引きました!

いよいよラストの種目である、

『ブロック混合リレー』です。

各組の精鋭が集まり、二回戦行いました。壮絶なデッドヒート!

熱い一日が終わりました。

 

記録委員の和嶋さんによる結果発表。

優勝は・・・

 

 

 

黄組!!!

喜びを分かち合います!

 

校長先生による賞状授与、

トロフィーの授与が行われました!

 

赤、青、黄、それぞれの選手が素晴らしい頑張りを見せた一日でした。

ある者は喜び、ある者は涙を流し。

体育祭に向けてひたむきに努力を続けてきたことが、今日の成功につながったのではないかと思います!

 

本当にみなさん、お疲れ様でした!

 

9月7日(土)、本校グラウンドにて中学生による体育祭が行われました。

台風の影響による強風の中、元気よく行進する生徒たち。

赤・青・黄の三色の各団が威風堂々入場。声を合わせ、歩みを合わせ。大きなまとまりとなって、会場を奮え立たせます。

開会式が始まります。

まず、昨年優勝の青組による優勝杯返還が行われます。

続いて校長先生による祝辞、

選手宣誓が行われました。

開会式終了後、準備運動を行います。

体育委員長の指示の下、

競技に備えて、体を慣らします。

いよいよ競技のスタートです!

『心を合わせて』

中学2年生を中心とした大縄跳びです。

今日までの間、何時間も練習を重ねてきた成果を出します。

今までの練習以上の回数を飛んだ組もあり、本番の強さを見せつけます。

続いて『100メートル走』

トラックの4分の3を走り抜ける競技。

コーナーの競り合いなど、見所のある種目です。

『障害物競走』

4つの障害を攻略し、1位を目指します。

『綱引き』

多くの生徒が参加し、勝利を目指します。

『ブロック対抗女子リレー』

各団の女子の代表選手によるリレー対決です。

バトンパスの速さなど、これまでの練習で培ってきた成果を存分にみせます。

前半見せ場の一つである、中2による『集団行動』です。

この日を迎えるまで、何十回と練習を重ねてきました。

暑い中でも、誰一人へこたれること無く努力できたのは、今日という晴れ舞台を経験するためでした。

一糸乱れることのない動きに、会場は感嘆一色。

最後の集合の隊形。惜しみない拍手が響き渡りました。

 

一丸となれた集団行動。最高の出来を披露することができました!

後半の内容は次の記事で!

令和初の夏休みも終わり、気持ち新たに照曜館の二学期が始まります。

体育館では始業式が行われました。厳かな雰囲気の中、副校長の渡辺先生のお話がありました。

本日は始業式の後、避難訓練が行われる予定ではありました。しかし、悪天候のため中止に。渡辺先生による防災に対する意識の話を真剣に聞く生徒たちの姿。

そのほかにも、2学期に向けての心構えの話がありました。

『2学期は非常に行事が多い。ただ、受け身で行事を迎えてしまえば成長は少ない。人のキャリアの80%は偶然のたまものだ。しかし、行動を起こさなければチャンスは訪れない。今こそ、一歩踏み出して行事に臨んでほしい。それが、君たちの成長に繋がるのだ』

学年によって目標は異なります。高校3年生は大学受験。高校2年生は受験に向けての土台の築き。

中学生は中だるみすることなく、力を貯えること。

渡辺先生の熱い口調には、生徒たちの気持ちを改めて引き締める思いが込められていました。

 

続いて全校生徒による校歌斉唱が行われました。

母校の校歌は一生の思い出。1年生ももう覚えましたね。

式の最後には夏休み中の表彰伝達が行われました。

 

理科部や合気道部などわが校の部活動のみならず、空手の大会で準優勝した生徒など、文武両道を果たしたことによる栄誉を皆でたたえました。

猛暑の夏が終わり、いささか涼しさの顔をのぞかせる秋がやってきました!目標を据え、全力でまい進していきましょう!

 

林間学校二日目。昨日、夕方から降った雨はどこへやら。澄み渡る青空が一望できます。

一方で天気予報は雷雨・・・山の天候は変わりやすいです。慎重に登らなければいけません。

 

朝の集いを広場で行い、バスで牧ノ戸峠まで向かいます。

日ざしの照り始める登山口。

隊列を組んでいざ!

途中の休憩所で朝ご飯を食べます。

朝早くに起きましたが、皆元気いっぱい!まだまだ力が有り余っているようです。

しかし、ご飯を食べ終わるとあたりに霧が立ちこめます。

これ以上の登山は難しいと判断し、もう少し登った沓掛山で下山することが決定しました。

 

沓掛山で集合写真を撮ります。ここからの眺めは一時的に素晴らしいものがありました。しかし、青空は一瞬ですぐにまた白の世界が広がってしまいます。

残念ながら、下山することに。

しかし、そんな状況も楽しむ生徒たちの姿。

私たち教員陣も、その笑顔に助けられます。

予定を変更し、地熱発電所と湿原の散策を行いました。

 

八丁原地熱発電所では、地熱を用いた発電方法を教えていただきました。

内部の写真はNGでしたが、実際に発電所内部も見学でき、高温の中で稼働するモーターなどを感じることができました。

その後、長者原ビジターセンターへ向かいました。

センター内には、湿原に生息する動植物の展示やスタンプラリーがあり、興味深そうに見入っていました。

外に足を向けると、広大な範囲に広がる湿原を見ることができました。

思わず「ヤッホー!」と言う生徒たち。山彦がそれに答えます。

自然溢れる湿原を、思う存分堪能しました。

山は登れませんでしたが、素晴らしい思い出となったことでしょう。

 

この他にも、休憩中に有志で野球をしたり。

バーベキューでは美味しいお肉をほおばったり。

キャンプファイヤーでは火を囲んで様々なゲームをして楽しんだり。

充実した3日間を送ることができました!

一生に一度の林間学校。素晴らしい思い出を胸に、九重を後にしました。

 

7月31日(水)~8月2日(金)、中学2年生の林間学校が行われました。

朝、新館玄関から大型バスに乗り込み、九重の星生キャンプ場を目指します。

うきうきの車内。楽しげな話が繰り広げられます。

途中、大分県中津市の耶馬溪(青洞門)でトイレ休憩を挟みます。

お天気に恵まれ、美味しい外の空気を吸う生徒たち。

再びバスに乗り込み一路九重へ!

 

キャンプ場到着後、森林公園にてお昼ご飯です。

緑が果てしなく広がる風景に戸惑う場面もありましたが、大自然の中でお弁当をほおばります。

食事終了後、開校式がありました。

荷物を整理し、カレー作りに取りかかります。

普段とは異なる活動に悪戦苦闘!

野菜を切る、お米をとぐ・・・慣れない作業にてんやわんやです。

特に難しいのがかまどの火起こしです。

ガスやIHに慣れた世代。一から火をおこすことなど初めての経験です。

先生達や、しおりに書いてある火のおこし方を丹念に見ながら取りかかります。

顔はすすだらけ、髪は灰だらけ。

美味しいカレーのためならなんのその!たくさんの苦難を乗り越えた先には、

この笑顔が待っていました!

 

班によっては煮えの甘いところもありましたが、

頑張ってつくったカレーだからこその味わいがあります。

 

最後の片付けまでしっかりと行い、初日の活動を終えました!

林間学校は始まったばかり。いよいよ明日は山登りです!

天候に一抹の不安を抱きますが・・・

期待を胸に明日の朝を待ちましょう!

6月16日(日)、照曜館にて、第1回学校見学会(塾向け)が開催されました!

本校の受験を考えている子どもたち・保護者の方を含め、たくさんの方々が足を運ばれました。

 

注目度の高さを感じます。

 

体育館に集合後、子どもたちは各会場に移動して体験授業を受けました。

三つの教室を用いて行われた『40分で英語ができる!』。

中学校で行われる英語の授業の面白さを体験していきます。

授業には中学3年の在校生も参加します。先輩として、未来の後輩にアドバイスします。

 

授業内容も多彩。スピーキング(話す)やリーディング(読む)など、高度な力を楽しく身に着けていくという本校の英語教育の様子を垣間見ることができます。

授業の最後は、在校生による英語を用いたプレゼンテーション。5月の修学旅行で経験した感想を、表現豊かに伝えていきます。

彼女も初めから英語が理解できたわけではありません。照曜館という環境の中で、少しずつ力を伸ばしていった結果、多くの子供たちの前で自分の想いを伝えるまでに至ったのです。

子どもたちに、素晴らしい経験をプレゼントすることができました。

 

別の会場では、『My ブーメランをつくろう』が行われました。

ブーメランを作るだけでなく、飛ぶことや戻ってくることの意味など、理科的な原理を楽しみながら学ぶことができる、毎年人気の企画です。

こちらも理科部員を中心とした在校生によって進められました!

作ったブーメランは持ち帰ることができます!

是非お家で試してみてください!

 

体育館に戻った後、中学3年の清成さんによるオンライン英語の実演が行われました。

フィリピンと映像をつなぎ、講師の先生とコミュニケーションを取っていきます。

子どもたちや保護者の方々も熱心に見入っていました。

 

続いて、理科部によるステージ実験です。

理科部部長による理科部の紹介です。

続いて、大気の力を感じる実験です。

 

テーブルの上に置いているオイル缶が大気の力で、

大きくへこんでしまいます。見事成功!拍手が起こります。

 

続いて、エタノールロケットの実験です。

 

こちらも成功!大きい音と共に飛んでいくロケット。しばし静寂の後、大歓声が上がりました。

 

最後に、学校紹介DVDの上演。中学3年の唐原さんがナレーションを務め、学校の日常が流されます。

最後に、唐原さんによるスピーチです。

受験期の苦労、入学後の成長など、実感のこもった内容を伝えていきます。

 

聞き入る子どもたち。

見学会を締めくくる素晴らしいスピーチを披露してくれました。

 

この見学会は、他にも数多くの在校生が係として支えてくれました。玄関での出迎え、会場までの移動、ジュースの配布など、全員がおもてなしの心でいらっしゃった皆さんに接することができました。

帰って行く子どもたちの充実した表情にそのすべてが現われています。

 

照曜館は勉強だけを教える学校ではありません。社会で必要とされる数多くの力を、学校生活の中で身につけることができます。

『筑紫の心』を持った照曜館生の良い所を遺憾なく披露できたと思います!

 

来て下さった方々、支えてくれた在校生の皆さん、本当にありがとうございました!

 

なお、第2回学校見学会は7月28日(日)を予定しております。ふるってご参加下さい!

6月2日(日)に行われた日本列島クリーン大作戦のようすを紹介します。

この活動は、公益社団法人「小さな親切」運動主催による活動で、全国各地で行われています。全国では200万人以上が参加する行事となっています。

団体での参加が多いですが、個人でも参加できます。

小倉北区では北九州市役所の南側にある大きな芝生広場を拠点に清掃活動を行います。

東筑紫学園高校と照曜館中学校も団体で参加しています。

本校からは200人ほどの生徒が参加してくれました。

先生方もたくさん参加してくださいました。

小倉北区長の挨拶で始まりです。

たくさんごみを拾ったら

収集車に渡します

最後に飲み物をもらって終了です。

 

参加してくれたみなさんありがとうございました。

学校法人東筑紫学園 照曜館中学校

〒803-0841 福岡県北九州市小倉北区清水四丁目10-1
TEL:093-571-0488 FAX:093-571-0487

アクセス