お知らせ

中学照曜祭

学校生活

21日(土)、無事に照曜祭が実施されました。

百人一首大会と餅つきの二部構成で行われます。

 

開会式はzoomを用いて行われました。

照曜祭の成り立ちについて、五十棲校長先生からのお話がありました。

百人一首大会は全部で四回戦実施されました。

1週間前と比べ、圧倒的に取るスピードの速くなった生徒たち。

練習の成果を大いに発揮します。

一瞬での決着になることもしばしばです。

終わった後はノーサイド。

お互いを高め合える、とても有意義な時間でした。

大会終了後は餅つきです。

3年生の代表生徒と生徒会総務、そして先生方でお供え用のお餅をつきます。

クラスにはzoomで配信。五十棲先生が、餅つきの仕方などを説明して下さいました。

始めによく練って、いよいよ餅つき開始!

かけ声とともに、テンポ良くついていきます。

生徒会総務も頑張ってつきました。

重たい杵に悪戦苦闘!

最後は五十棲先生。

終わった後、拍手が起きていました。

ついたお餅は事務の藤本さんによって鏡餅の形に丸められます。

今回、鏡餅は二つ作られました。

一つは、本校にまつられた筑紫神社への奉納用。

もう一つは、大学受験を控えた高校3年生に向け、必勝祈願用として。

照曜館一丸となって、高3生を応援する。その思いを、鏡餅にこめて。

最後に閉会式が体育館で行われました。

百人一首大会の優勝ブロックと上位3チームの表彰が行われました。

 

優勝ブロックは青組

代表としてブロック長の田辺君が受け取ってくれました。

続いてチーム表彰。

優勝は青組3班 チーム『金欠グループ』

準優勝は赤組12班 チーム『五人班プリキュア』

そして第3位は、青組5班 チーム『KA☆RA☆A☆GE』でした。

最後に五十棲先生のお話がありました。

「制限の多い中でも、皆が協力したおかげで、とても思い出に残る行事になったと思う。来年以降、本来の形に近い照曜祭が挙行されたとき、この日の思い出が必ず活かされるはずだ」

まだまだ平常通りの行事ができていないことも事実です。けれど、その中でも楽しみ、積極的に参加している生徒たちの表情には、充実した学校生活を過ごしていることが表れています。

来年の照曜祭には、実際に札を取ったり、PTAの方々の協力も得た上で、餅つきができたらいいなと、強く思います!

 

ついたお餅は食べられませんでしたが、生徒たちには小さいお餅が配られました。

家に帰って、ゆっくり味わって下さいね!


学校法人東筑紫学園 照曜館中学校

〒803-0841 福岡県北九州市小倉北区清水四丁目10-1
TEL:093-571-0488 FAX:093-571-0487
E-mail:chukou@hcg.ed.jp

アクセス