お知らせ

75年前の8月6日、午前8時15分。広島に原子爆弾が投下されました。

9日には長崎市にも。

 

 

戦争の悲惨さ、平和の大切さはいつの世も変わりません。

本校でも、次世代に平和のバトンをつないでいくための取り組みを実施しています。

 

その一つが平和学習です。

毎年夏休み前の出校日、生徒全員が集まって平和の意義について学んでいきます。

今安心して勉強できる環境が「当たり前」のものではないということを、じっくりと説いていきます。

おととしは、八幡大空襲を経験された安部國男さんを講師としてお招きし、空襲時の悲惨な光景を生徒たちに伝えていただきました。

 

生徒たちが普段通い慣れている通学路。

わずか70年余り前には、おぞましい世界が「目の前」に存在していたという恐怖。

生徒たちの聞く姿勢が自ずと引き締まっていきました。

また、中学棟横には「嘉代子桜・親子桜」というものが植わっています。

長崎市の爆心地近くに戦後植えられた桜の木を、照曜館に接ぎ木していただいて1年半前から育てています。

接ぎ木した当初はまだまだ弱々しい佇まいでしたが、幹も少しずつ太くなり、段々とたくましさも増しているように感じます。

 

これからさらに成長して立派な大樹となり、次世代の生徒たちを常に温かく見守ってほしいです。

8月9日には、長崎の日を迎えます。

この木は平和の象徴である。

日々の教育活動の中で、私たちも生徒たちに伝え続けていきます。

8月2日(日)、来年照曜館を受験する小学生対象の「学校見学会」が行われました。

感染症対策を施し、60人の定員制や受付での検温などを徹底しました。

中学三年生も係生徒として、案内や受付の仕事を手伝ってくれました。

校長先生によるあいさつの後、

参加した子供たちは体験授業の会場に移動します。

算数・理科・英語の中から、申し込みの時に選んだ授業を体験します。

理科は割れないシャボン玉を作る実験です。

上手くいったかな??

こちらは英語です。

飛沫防止のシールド越しに、英語のコミュニケーションを補助生徒と共に行います。

算数の授業では、ペットボトルのキャップを用いて確率の授業を体験。

難しい問題もあったようですが、楽しく学ぶことができたようです!

ホールに残った保護者の方にも、zoomを用いて、授業の様子を遠隔で見ていただきました。

ホールに子供たちが戻り休憩の後、オンライン英語の様子を見てもらいました。

3年A組の梶田さんが、実際の講師の先生と流ちょうな英語でコミュニケーションをとります。

本学独自の取り組みに、参加された方々は興味津々でした。

続いて、理科部によるステージ実験。

毎年人気の企画です。

酸化鉄から純粋な鉄を取り出す「テルミット反応」。

エタノールを用いて、ロケットを勢いよく飛ばす「エタノールロケット」など、科学を存分に活かした内容の数々。

好奇心を刺激していきます。

最後に本校の日常をまとめた学校紹介の動画を上映しました。

3年B組の田中さんがナレーションを務めます。

行事の動画など、口頭では説明しづらい照曜館の雰囲気を味わってもらいました。

充実した時間を過ごしてもらえたのではないかと思います。

参加された皆さんのアンケートでは、内容を楽しんでいただけた様子と共に、「対応してくれた在校生の人たちの挨拶に温かさを感じました」等、3年生の振る舞いをほめてくださる意見が多かったです。

 

当日、会に参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

最後に、日曜日に出校してくれた3年生のみんな、本当にありがとう!

本日から一週間、照曜館は三者懇談会が行われます。

今年は授業参観や保護者会が軒並み中止となり、担任の先生と保護者の方が初めて顔を合わせる機会にもなっています。

学校に慣れていない保護者の方が迷わないよう、様々な場所に案内の地図を貼っています。

校舎が広いので、案内に沿って懇談教室までお越しください。

懇談までの待機場所も準備しています。

中学棟五階をご利用ください。

感染症対策も徹底しています。

教室前の待機スペースには除菌シートを準備しています。

椅子の除菌にご利用いただけます。

また、今年は机の間にビニールでできたシールドを用意しています。

飛沫感染防止ですね。

見え具合も上々!

懇談に支障はきたしません。

懇談終了後はその都度除菌!

万全の対策でお待ちしています!

 

7時間目終了後、中学1年生は6Fホールに集まって、iPadの説明会に参加しました。

コロナの影響もあってオンライン授業の必要性も急務となった今年度、中1の導入を決めたという形です。

当然、学内で使用する際は厳格なルールを設定しています。

説明会ではその点を重点的に説明。

学習サポートとしての便利さを存分に使うため、生徒たちに守らせていきます。

他にも、クラッシーやロイロノートの設定など、生徒一人では混乱するかもしれない操作を、中1全体で行いました。

タブレットを初めて手にした生徒も多く、最初はおっかなびっくり操作していましたが、次第に慣れてきて、スムーズに設定を進めていました。

A組は明日から使用するようです。本格的な導入は来週から!この週末にカバーなど買いそろえておいて下さいね!

よく中学棟の5階から見える絶景を載せています。

透きとおるような青空も素晴らしいのですが、夕方頃の空もなかなか乙なものです。

この日は青空と夕焼けのコントラストが非常に映えていました。ちぎれ雲も相まって情緒豊かな光景に感動すら覚えてしまいました。

見つけてくれたのは3年生の男子です。

自然からもらい受ける感性も、ここ照曜館では際立たせることができますね。

さて、本日は身体測定の様子を御覧ください。

体育の時間の前半を使い、体育科の先生が生徒達の身長と体重を量ってくれました。

こちらは2年生の様子です。

本来であれば4月に行われる測定ですが、コロナウイルスの影響もあり延期されていました。

およそ1年と5ヶ月ぶりの測定。

背の伸び具合が気になる生徒達も大勢いました。

中には10センチ以上伸びた生徒も!

まだまだ大きくなりそうです!

視力や聴力の検査などはまだ実施されていませんが、どこかで機会を設けることになると思います。

今日は我が校独自の取り組みであるオンライン英語について紹介します。

コロナの影響を受けたのは、このオンライン英語も例外ではありません。

外国の講師の方と一対一でコミュニケーションを取りながら英語に触れ、なじみ、英語力を培ってもらうことを目的としています。

ようやく7月から実施していますが、人数制限もしっかりと行うなど、本格的な再開には至っていません。

昨年までと大きく異なる点は、生徒それぞれがヘッドホンを購入して使用していることです。

ヘッドホンの共有を避けるという感染症対策の一環ですね。

それでも、フレンドリーに接する講師の方々が盛り上げてくれるところは昨年と変わりません。

生徒に寄り添い、分からないところは分かるまでとことん教えてくれます。

今年は英検の対策に特化した内容となっています。

二人三脚で、受検級合格を果たして欲しいですね!

7月19日(日)、総合体育館にて「北九州市バドミントン中学生大会」が実施されました。

今年度はコロナの影響により、中体連主催の区内・市内大会などが中止になっています。

この大会は、中学3年生の締めくくりの舞台として北九州市バドミントン協会が主催した大会の一つでした。

上位大会の進出などはありませんが、これまで練習してきた成果を存分に発揮することができました。

8月8日・9日には「北九州市市民体育祭」も行われます。

こちらは中学生だけでなく、大人も参加する大会となっております。

3年生の引退まであとわずか。

バドミントンに全力で打ち込んで欲しいですね!

各教室をのぞいてみると、HRなどで取り組んだ様々なものを掲示していたりします。

自己紹介文を書いたり、

七夕の願い事など、特色豊かな掲示物。

眺めるだけでも楽しくなってしまいますね。

さて、照曜館では全クラスが学級日誌というものを書いています。

その日の授業の内容や感想を、その日の日直である生徒に記録してもらっています。


生徒自身にとっても、一日を振り返ってその日の反省を考えられる良いきっかけにもなります。

教員側でも、生徒たちがその日の授業をどのように捉えたのかを知ることの出来るツールとして活用しています。

丁寧に書かれた日誌を見るのは気持ちが良いです!

これからもよろしくお願いしますね!

本日は職員の健康診断が行われるため、全校お休みです。

小倉医師会の方々が学校にいらっしゃって、採血やレントゲンなどを行っていただきました。

生徒たちにとっても、テストが終わって1週間。

一番疲れが出やすいときに、少しブレイクができているかもしれませんね。

水曜日の学校が終わればその後は4連休!

体調を整える絶好のチャンスですね。

 

さて、今日は趣向を変えて、色々な角度から照曜館を見てみようと思います。

こちらは普段皆さんが通う正門から撮った校舎です。

立派な建物ですね。

少し離れたところまで行って撮ってみると・・・

うちの学校はこのように写ります。

新館、中学棟、体育館に、3号館の頭も見えていますね。

 

少しだけ斜めから見てみます。

これを撮影したのは日曜日ですが、5階の自習室には灯りが付いています。頑張れ受験生。

中学棟をピックアップして撮ってみると、こんな感じ。

中学棟の側面には「照曜館」の文字が。

初めて見た人もいるかも・・・?

照光門から昇ってくると「照曜館」の文字ははっきりと大きく見えます。

視点を変えて母校を望む。

また違った発見があるかもしれませんよ。

テストが終わり、学校中が一息ついているようです。

ある意味で日常を取り戻しつつある照曜館。

今日はうちの学校らしいところを探してみました。

こちらは職員室の中にある、鍵かけです。

教室と、携帯保管用ロッカーの鍵保管場所となっています。

移動教室の時などは、鍵の係の生徒が職員室まで預けに持ってきます。

職員全体で監視し、盗難等が起こらないように気をつけています。

 

 

 

体育の際は貴重品も回収します。

こちらも職員室で保管場所を決め、係に集めてもらっています。

貴重品を回収する各クラスの係の協力のもと、万全の体制を敷いています。

来週は月と水の二日間。まずはこの週末でテストの疲れを取り、来週に備えて下さいね。

1 2 3 13

学校法人東筑紫学園 照曜館中学校

〒803-0841 福岡県北九州市小倉北区清水四丁目10-1
TEL:093-571-0488 FAX:093-571-0487

アクセス